もっと知りたい文房具

もっと知りたい文房具

子供の頃から文房具は勉強道具だけでなく、ある時は遊びのアイテムでした。また、試験中には占い用の道具と化すこともあります。文房具をさっと考えただけでも、鉛筆、消しゴム、のり、シャープペンシル、下敷き、そろばん、ノート、文房具箱、色鉛筆、絵の具、クレヨン、定規、ハサミ、カッター、等々の様々なものがあります。

 

Wikipediaでは、『文房具(ぶんぼうぐ)とは、文字・記号・図面・絵などを含んだ文書を主に手書き(手描き)によって作成する上で必要な道具のこと。また、これを補助する道具のこともいう。「文房」は「書斎」という意味。「筆記用具」や「文具」や「ステーショナリー」ともいう。また児童・生徒・学生が学習する上で補助的に使用する道具も文房具に含まれる(暗記シートなど)。

 

高級品から時代を反映したファッショナブルなものまで非常に多くの種類が存在し、コレクションの対象にもなる。中国では「筆墨紙硯(ひつぼくしけん)」を「文房四宝(ぶんぼうしほう)」と称した。 日本の文具メーカーの文房具は、機能性と精密さが、日本国内だけでなく、海外でも評価されており、海外においても日本製の文房具が売られている事も少なくない。』と説明されています。

 

「もっと知りたい文房具」では、ちょっと変わった文房具から高級文房具までいろいろと紹介します。当サイトの情報が皆様のお役に立てれば幸いです。

 

※文房具は、英語では"literary tool","stationery product","stationery","writing material"等と言われる。

 

 

△もっと知りたい文房具トップページへ戻る

サイト情報

「サイト情報」欄の各項目を説明します。

 

■プライバシーポリシー
当サイトがお客様のプライバシーに対する考え方を解説。
特に細心の注意を払うべき「個人情報保護」に関して説明しています。

 

■お問い合せ
当サイトへのご意見、ご感想、広告掲載、相互リンク等に関する
お問い合わせはこちらにお願いします。相互リンクは大歓迎です。

 

■もっと知りたい情報局♪
当サイトの親サイト。14のジャンルにまとめて日常分かりにくい言葉を解説しています。

 

△もっと知りたい文房具トップページへ戻る

更新履歴