タイムドメイン理論とスピーカー

紹介されたスピーカー

タイムドメイン 所さんの笑ってこらえて,タイムドメイン ビルゲイツ,タイムドメイン 自作,タイムドメイン スピーカー,タイムドメイン 吉井,タイムドメイン yoshii9,フーリエ変換 タイムドメイン

先日、テレビ番組「所さんの笑ってこらえて〜やる気はあるけどお金はないの旅」のコーナーでタイムドメイン理論でスピーカーを作った人の話をしていました。

 

このタイムドメイン理論とは何か?また、この理論で作ったスピーカーはどんなものなのかを私なりに調べてみましたので紹介します。何でも、このスピーカーの元となるものをビル・ゲイツが絶賛していたという話です。凄いですね、しかし本人はマイクロソフトがあまり好きじゃなかったそうです。(^_^;)

 

日本テレビ放送「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」毎週水曜よる19:58〜20:54 の5月20日放送分にタイムドメイン社が紹介されました。
■タイムドメイン社

 

 

 

△もっと知りたい通販・ショッピングトップページへ戻る


タイムドメイン理論とは

タイムドメイン 所さんの笑ってこらえて,タイムドメイン ビルゲイツ,タイムドメイン 自作,タイムドメイン スピーカー,タイムドメイン 吉井,タイムドメイン yoshii9,フーリエ変換 タイムドメイン

「タイムドメイン理論」は、下記URLに詳細が書かれていますので参照してください。
ここでは、要約を説明します。

 

・人に感動を与える音楽は、その音をありのまま伝える必要がある。
・原音を100%忠実に再現しなくてはならない。
・音の波形は、正弦波の集合で表すことができ、全ての正弦波(20Hzから20kHzが可聴範囲)を正しく再生できれば良いと考えていた。
・数学的(フーリエ変換)に考えても音は、正弦波成分に分析できて、音は正弦波成分の集まりと考えてしまう。
・しかし、正弦波の集まりとして表せるのと正弦波の集まりで出来ているのとは違う。

 

音は空気の圧力が時間とともに変化するのが耳に認識されるもの。
これを忠実に再生することは、音圧波形を忠実に再生するということ。

 

従来のFドメインの考えでは周波数成分を忠実に再生しようとするのに対し、タイムドメインの考えでは音の形を正しく再生するということです。

 

■タイムドメインとスピーカー

 

 

 

△もっと知りたい通販・ショッピングトップページへ戻る