東京都 写真美術館

東京都写真美術館とは

東京都写真美術館は写真・映像専門の公立美術館で、日本初の本格的な写真映像施設として建てられた美術館。

 

通常、写真美術館は「○○写真美術館」と個人名で称されるのが一般的だが、東京都写真美術館は公立の写真美術館としては日本初で、写真だけで無く映像までを含めている施設はとても珍しい。スタジオジブリの創設者でもある徳間康快が館長になって以来、写真以外のアニメ等の映像文化にも注力している。

 

・B1F:Images & Technology Gallery(映像展示室)

※写真以外の映像一般展向け映像展示室

・1F:Hall(ホール)

※新作映画の封切公開

・2F:Exhibition Gallery(展示室)

※写真独自企画展向け会場

・3F:Exhibition Gallery(展示室)

※写真共催展向けまたは貸出会場

・4F:図書室

インターネットから図書室の蔵書(雑誌を除く)の検索が可能。

また、東京国立近代美術館、国立西洋美術館、東京都現代美術館、横浜美術館の蔵書の横断検索が可能。図書検索サイト(http://tokyophotomuseum-library.opac.jp/)

 

 

△もっと知りたい美術・芸術トップページへ戻る

利用方法とアクセス

■東京都写真美術館

http://www.syabi.com/index.shtml

〒153-0062

東京都目黒区三田一丁目13番3号 恵比寿ガーデンプレイス内

TEL 03(3280)0099

FAX 03(3280)0033

 

・開館時間

10:00-18:00(木、金は20:00まで) ※入館は閉館の30分前迄

2009年1月2日(金)〜4日(日)は10:30-18:00

 

・休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、翌火曜日休館)

 

■観覧料

展覧会・上映会によって料金が異なるので、センターへ問い合わせ願います。

また、都内の小・中・高校生は学校の教育活動として展覧会を鑑賞される場合は無料。

 

■その他

「東京都写真美術館友の会」

 

 

△もっと知りたい美術・芸術トップページへ戻る

恵比寿駅からの運転ルート