大地の芸術祭2009

大地の芸術祭2009とは

大地の芸術祭2009,越後妻有アート,越後つまり,つまり,知っとこ!,十日町,まつだい農舞台,最後の教室,黒板の教室,花咲ける妻有

7/11(土)に放映されたTBSテレビ「知っとこ!」(07:30〜09:25)では、オセロの2人が最近トレンドのキーワードベスト1として「つまり」が紹介された。この「つまり」は、実は日本一の豪雪地帯で有名な新潟県の越後妻有アートで開催される、村全体がアート空間となる芸術フェスティバル「大地の芸術祭2009」のことだと言うことが分かった。丸くカットした鏡を沢山飾り付けた不思議なオブジェや、廃校になった本当の学校の教室を使った「最後の教室」、使い終わった大量の鉛筆を使って表現した「森」などが展示されている。私は、さっそく調べて見た。

 

 

■大地の芸術祭2009とは

 

この「大地の芸術祭」は、今年で4回目を迎え、今年からあたらしい局面に入ります。

この芸術祭は、越後妻有を希望の土地として、アーティストのみならず海外からの地域活動組織や各大学も活動に関わっています。このフェスティバルを通じて、我々の先祖達が営んできた農業と大地の自然の素材、田んぼや空き家、廃校などを使ってアートを作ることによって若者もお年寄りも全ての人間が活動に加わることが出来ます。越後妻有は、音楽、美術、芸術が集う場所として動き出しています。

 

この「大地の芸術祭2009」には、38の国と地域のアーティストが参加していて、里山に展開するものは約350点のアート作品(新作約200点)が展示されています。

 

スポンサーが付いているアートには、以下のものがあります。

・最後の教室:福武總一郎

・黒板の教室:サントリー株式会社

・花咲ける妻有:株式会社大林組

・森:ウベパレットレンタルリーシング株式会社

・小出の家:朝倉健吾 

 

 

△もっと知りたい美術・芸術トップページへ戻る


芸術祭2009開催概要

■開催概要

開催期間:2009. 7/26 Sun.→ 9/13 Sun.

開催場所:越後妻有地域[新潟県十日町市,津南町] 760?

主  催:大地の芸術祭実行委員会

実行委員:関口芳史(十日町市長)、泉田裕彦(新潟県知事)、小林三喜男(津南町長)

プロデューサー:福武總一郎

 

■パスポート

一般:前売3000円、当日3500円

大学・シルバー:前売2000円、当日2500円

小中高:前売 500円、当日 800円

※大地の芸術祭2009秋 2009.10/3 Sat →11/23 Mon

 

■問合せ

大地の芸術祭実行委員会事務局 十日町市観光交流課芸術祭推進室

〒948-0082 新潟県十日町市本町2丁目 十日町市本町分庁舎

TEL:025-757-2637 FAX:025-757-2285 E-mail:info@echigo-tsumari.jp

 

まつだい農舞台事務局

〒942-1526 新潟県十日町市松代3816-1-3F

TEL:025-595-6310 FAX:025-595-6311 E-mail:tsumari@artfront.co.jp

 

大地の芸術祭東京事務局

〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町29-18 ヒルサイドテラスA棟

TEL:03-3476-4360 FAX:03-3476-4874

(プレス問合せ)tsumaripr@artfront.co.jp

 

△もっと知りたい美術・芸術トップページへ戻る